こんな飲み物・食べ物・食品に利尿作用?意外と知らない豆知識

むくみと飲食物の関係

利尿作用の医薬品を考えてるあなた。
日常の生活で立ち仕事や長時間のデスクワークなどでむくみの症状を感じてあなた、食べ物・食品と飲み物が大きく関わっているのはご存知ですか?

むくみの原因は主に、水分の取りすぎや血流がの流れが悪い事リンパの停滞となる事で足が重くなります。
しかし、水分でもお水のみの取りすぎだけではむくみません。
飲み物 や食べ物・食品の「塩分」の高い、ラーメン、漬物、梅干し、加工食品、味噌汁、ファースト(ポテト、ハンンバーガ)などでむくみが生じます。
人間の体内60パーセント水分で出来ており、塩分をとりすぎてしまいますと、ナトリウムが体内で増加し、カリウム不足となりで塩分が上手く運事ができずに、体内に水分がたまってしまう。
どんな 飲み物 や食べ物・食品でも、塩分は含まれてますので、塩分の取らない食事をは難しいと思いますが、取る過ぎていないか気にする心を持つのが大切となります。

野菜を多く取り入れた食事や飲み物をポリフェノールを多く含む物をとる事が良いでしょう。
血液をサラサラにしてくるま野菜・食品は「パセリ」「トマト」「アサリ」「タマネギ」「納豆」「大豆」「ヨーグルト」「きのこ類」とされています。
飲み物が「緑茶」「赤ワイン」ココア」「ウコン」「黒酢」となります。
食物繊維が豊富な野菜取事で余分な水分を排出してくれますので、利尿作用がある医薬品を頼る事はないでしょう。
医薬品に頼ってしまっては、依存症になる可能性が高いので、なるべく今の食事生活を見直しをし、安全な食生活で解決し、悩みみから解消しましょう。

飲みすぎた際は、首と足の裏をマッサージをゆっくり行う事で血流が良くなりむくみ解消果効がとなります。

現代では、食物繊維豊富の飲み物や食品が多く開発されていますので、仕事が忙し方のが理由で諦めるのではなく、少しずつ始める事から内側から綺麗になるでしょう。
もし、食事で効果がなく、お薬から利尿作用を得たい場合は、必ず使用方法、容量を正しく使用してください。